A5ノートでLifeLog
1.何故A5?
 A4は大きすぎでしょ 単純に
 B5はねぇ・・・ 今からBですか・・・って感じもあるし
 A5は見開きでA4横サイズになるのでgood

2.何穴?
(1)0穴
   綴じノート
(2)2穴
   パンチ:一度に沢山あけられるパンチが充実
(3)6穴
   リフィルが高い
   パンチ:良いパンチがあまりない・・・
   見栄をはるには皮のバインダーが充実していて良い

(4)20穴
   パンチ:CARL GLISSERがgood でも1,2枚ずつしかできない・・・
       2穴部分は共通になっているリフィルも多いので
       書く時は20穴で保存は2穴って選択もありかと思う
       以前ゲージパンチを買ってみたけど、面倒で使わなくなってしまった
       最初からGLISSERを買うのが吉
   ・無印 バインダー420円
・無印 方眼用紙 105円/50枚
・無印 クリアフォルダー 105円

(5)リングノート
   純粋にA5サイズとして使えるところがgood
   棚に並べる時に背表紙がねぇ・・・

(6)CARLルーズリング
   普段はリングノートのように場所をとらずに使えて
   ルーズリーフに保存することができる
   固めの表紙が充実しているとありがたい
 
3.LifeLogって
  とにかく日常の事を何でも書く
  記録したいと思ったことはなんでも
  何時に起きたとか
  何か買ったとか
   レシートをそのまま貼ってしまう(糊でもメンディングテープでも)
  誰かと会ったとか
  自分が記録しておかないと誰もやってくれないので

4.スケジュール(予定)等の使い分け
  LifeLogは基本的に結果を書くので予定は書いても書かなくても・・・
  とりあえず予定はリマインダー機能が必要なのでgoogleカレンダーに登録する

  紙で管理して同じファイルを使う場合は、
  先頭に予定用のリフィルを入れておけばなんとかなると思います・・・

5.使い方
  基本的には時系列に記入する
  日付は絶対入力するので日付印があると一日複数枚書く時は便利
  できれば日付と時間が押せるスタンプが欲しいけど 売ってないみたい
  タイムカード用のでかいヤツならあるんだろうけど
  コンパクトなヤツ


バインダーで持ち歩くのが苦にならなければそのまま持ち歩く
バインダーは家に置いておいてルーズリングを持ち歩くのもあり

どこかの切れ端に書いたものは、面倒ならそのままメンディングテープで貼る
紙ベースのものをとにかく時系列で綴じていく

公共料金の請求書、領収書 とかも

気になった記事は切り抜いて 貼るかクリアフォルダに入れる
しばらく寝かせておいて適宜見直し、不要なものはビリッと破いて捨てる
これはこれでストレス解消になる

すべてのものはこのA5ファイルに入っているので
あちこち探す必要がない(特定の大きなファイルは別として・・・)

9.過去の資料について
過去にいろんなことを試してきた残骸をどうするか・・・
できれば一元管理したい・・・

PCにあるものはA4用紙に2in1でprintして、punchすればよろし
6穴もGLISSERでpunchして問題なし

A4の資料は短辺にpunchして折り込むか、クリアフォルダに入れる

A6サイズを一時試してみたけど携帯には便利だけどやっぱり小さい
見開きだとA5サイズだし・・・
6穴は皮のケースが充実していて、結構揃えたけど、紙のランニングコストがイマイチ

0 コメント:

コメントを投稿

 
;